ディノベートデンタルホワイト1日何回ですか?正しい使い方

今回はより効果的なディノベートデンタルホワイトプロの使い方について紹介していきます。

使い方だけでなく、理想の頻度とタイミング、そして本当にキレイになる歯磨きの仕方も説明しています。

ディノベートの使い方

手順1
最初に
いつも通り歯磨きをする
手順2
ディノベートを使ってブラッシング
手順3
最後に
ゆすいだ後に再度ブラッシング

1いつも通り歯磨きをする

まずは、いつも使っている歯磨き粉を使って普通に歯磨きをしましょう。

磨くときは、歯1本につき20回くらい往復させるのが目安です。

2ディノベートを使ってブラッシング

いつもの歯磨きが終わったらいよいよディノベートデンタルホワイトプロの出番です。

歯ブラシに3〜4滴つけたら歯全体をブラッシングしていきます。

ディノベートは液体タイプなので歯と歯の間にも行き渡るように意識しましょう。

3再度ブラッシング

効果アップのポイント!

ブラッシングが終わったら口をゆすぎましょう。

このままゆすいで終わりでも、もちろん大丈夫です。

でもせっかくなら、より効果を実感するためにブラッシングすることをおすすめします。

その後に何もついていない歯ブラシで軽くブラッシングすると、より効果がアップするのでオススメです。

使い方まとめ

  1. いつも通り歯磨き粉をする
  2. ディノベートを使ってブラッシング
  3. ゆすいだ後に再度ブラッシングをすると効果的

使うタイミングと頻度

ディノベートデンタルホワイトプロの画像

 

  • 忙しい日
    →夜だけ使用
  • 時間に余裕のある日
    →朝昼夜で3回使用

ディノベートデンタルホワイトプロを使うオススメのタイミングと頻度ですが、1日3回食後にできるのが理想です。

しかし、なかなか忙しいと歯磨きに時間をあまりかけられないという方も多いと思います。

そんな時は次のように使いましょう。

忙しい人の使い方

まず朝は特に時間がないのでディノベートだけで短めに歯磨きをします。

昼は市販の歯磨き粉で歯を磨きます。

そして夕食後は、市販の歯磨き粉で歯を磨いた後にディノベートでもう一度歯磨きします。

1日中家にいる日や比較的時間がある日は朝、昼、夜と3回ともディノベートを使います。

食後30分後が理想

タイミングは全て食後です。

食後すぐではなく30分後くらいが理想です。

  • 忙しい日
    →夜だけ使用
  • 時間に余裕のある日
    →朝昼夜で3回使用

 

しっかり磨けていますか

ここまでで特別なことはなかったと思いますが、最後に本当にキレイになる歯磨きの仕方を説明しようと思います。

  • 歯ブラシを歯にあてる角度
  • 歯と歯茎の境目
  • 食後すぐの歯磨きはNG
  • 磨き過ぎは禁物

歯ブラシを歯にあてる角度

歯磨きの基本は歯に対して毛先を45度にして磨くことです。
直角90度で磨こうとすると、つい力が入ってしまいがちです。力を入れて磨き過ぎると歯の表面が傷ついてしまいます。知覚過敏や着色の原因となるので注意しましょう。毛先で優しく磨くイメージで1本1本丁寧に磨きましょう。

毛先は45度を意識

歯と歯茎の境目

7割の人が歯と歯茎の境目を磨けていないと言われています。
境目を意識して磨くようにしましょう。この時も毛先を45度に心がけることを忘れずに。

食後すぐの歯磨きはNG

ご飯を食べた後、すぐに歯を磨いていませんか。
実は食後の口腔内は酸性になっているので、この状態で歯を磨くと歯の表面が傷つきやすくなります。食後の30分後に磨くのが理想的です。
食後30分後の歯磨きがオススメ

磨き過ぎは禁物

ディノベートを監修している先生いわく、患者さまが強く歯磨きし過ぎて知覚過敏になってしまっている方、時間をかけて磨いているのに汚れが落ちていない方が多くいます。力を入れて磨いているつもりはなくても、力んでしまっている可能性はあります。1本ずつ優しく磨くことを心がけましょう。
磨き過ぎに注意

  • 歯ブラシを歯にあてる角度は45°
  • 歯と歯茎の境目を意識して磨く
  • 食後の歯磨きは30分後が良い
  • 磨き過ぎは知覚過敏の原因にも

使い方は重要です

ここまででディノベートデンタルホワイトプロの効果的な使い方と歯磨きの基本的な磨き方を紹介しました。

個人差はありますが、使い方や頻度によって効果に違いが現れやすいです。なので面倒くさがらずに頑張って継続して使っていけるといいですね。

正しい使い方で健康的な口内を保っていきましょう。

手順

  1. いつも通り歯磨きをする
  2. ディノベートを使ってブラッシング
  3. ゆすいだ後に再度ブラッシングをすると効果的

頻度

  • 忙しい日
    →夜だけ使用
  • 時間に余裕のある日
    →朝昼夜で3回使用

磨き方

  • 歯ブラシを歯にあてる角度は45°
  • 歯と歯茎の境目を意識して磨く
  • 食後の歯磨きは30分後が良い
  • 磨き過ぎは知覚過敏の原因にも

公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です