自宅でできるLEDホワイトニングおすすめTOP5

自宅でできるLEDホワイトニングおすすめ

家で気軽にセルフホワイトニングをしたいと思ったことはありませんか。

最近ではLEDライトと酸化チタンを使って「光触媒」という反応を起こし、歯を白くさせる方法が最新のホワイトニングケアとして注目されています。

そこで今回は、自宅でできるLEDホワイトニングの人気商品をランキングでオススメ順に紹介します。

おすすめのLEDホワイトニングランキング

今回はオススメ順にLEDホワイトニングを5個紹介していきます。

家で簡単にできるのがLEDホワイトニングのメリットです。

セルフホワイトニングに興味がある方は、LEDを使ったホワイトニングから始めてみましょう。

LEDホワイトニングは光を当てるだけでは意味がありません。

歯に塗るものに「酸化チタン」という成分が配合されていることが大切です。

LEDホワイトニングを選ぶときはジェルや歯磨き粉に酸化チタンが入っているかどうかを確認してから購入しましょう。

※価格は全て税込表示
※楽天市場・Amazonは価格が異なる

マウスピースをはめるタイプ

ビースマイルホワイトニングキット



評価
口コミ
(4.0)
コスパ
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
オススメ
(4.5)

ビースマイルホワイトニングキットはLEDホワイトニングの王道です。

特徴はタイマーが付いているので、時間を気にする必要がないところ。

酸化チタンの配合量が2倍にアップされています。コスパは間違いなく一番良いです。

電池式でコードレスなので、場所を選ばずどこでもできます。

マウスピースを口にくわえるタイプなので、両手が空いてスマホでもなんでもできます。

公式ページから定期コースで購入すると20%オフで購入できます。

通常価格(LEDライト+ジェル):6,480円

通常価格(ジェル):3,240円

【成分一覧】水、グリセリン、エタノール、キサンタンガム、酸化チタン、クエン酸、ステビア葉/茎エキス、メントール、メタリン酸Na、ヒドロキシアパタイト、セルロースガム、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-150、香料、赤102、青1、安息香酸Na

スマートデント

スマートデント

評価
口コミ
(3.5)
コスパ
(3.0)
使いやすさ
(3.5)
オススメ
(3.5)

日本で開発した植物由来の成分を含んだジェルが2本セットで、約10回分のホワイトニングが可能です。

過酸化水素水を使用していないので歯にしみたり、痛くなりません。

1回15分のケアで本来の刃の白さに近づけます。

3つのハーブを配合しており清涼感のある使い心地です。

ジェルも安くてコスパも良いですが、ジェルはホワイトWスターのジェルを使うようです。

通常価格(LEDライト+ジェル):6,858円
通常価格(ジェル):1,820円〜3,456円

ホワイトトリプルスタージェル【成分一覧】グリセリン(湿潤剤)・含水シリカ(清掃剤)・酸化チタン(基剤)・PEG-60水添ヒマシ油(溶剤)・三リン酸5Na(清掃助剤)・水(溶剤)・マヨナラ葉エキス(湿潤剤)・オタネニンジンエキス(湿潤剤)・ワイルドタイムエキス(湿潤剤)・BG(溶剤)・ハッカ油(香料)

ホワイトダブルスタージェル【成分一覧】水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、含水シリカ(清掃剤)、酸化チタン(基剤)、PEG-60水添ヒマシ油(溶剤)、三リン酸5Na(清掃助剤)、ワイルドタイムエキス(湿潤剤)、オタネニンジンエキス(湿潤剤)、マヨナラ葉エキス(湿潤剤)、ポリリン酸Na(清掃助剤)、ハッカ油(香料)、BG(溶剤)

DR.WHITEドクターホワイト

評価
口コミ
(3.5)
コスパ
(2.5)
使いやすさ
(3.0)
オススメ
(3.0)

しかしスマホに繋げてできるので便利と言えば便利です。スマホの充電がないと使えないということになります。専用ジェルは15回分で8,000円と正直コスパはあまり良いとは言えません。

通常価格(LEDライト+ジェル):27,000円

通常価格(ジェル):8,640円

【成分一覧】水、グリセリン、PG、ソルビトール、二酸化チタン、セルロースガム、ポリグルタミン酸、BG、トリデセス-3酢酸Na、メチルパラベン

 

LEDライトを歯にあてるタイプ

シロクナリーナ

SHIROKU NARI-NA(シロクナリーナ)

評価
口コミ
(4.0)
コスパ
(4.5)
使いやすさ
(3.5)
オススメ
(4.5)

シロクナリーナはマウスピースのタイプとは違い、LEDライトを手で持ちながら使う必要があります。まず歯を磨く前に、歯磨き粉をつけた歯ブラシにライトをあてます。そして歯磨きし終わったら歯に直接LEDライトをあてる方法です。

通常価格(LEDライト+歯磨き粉):4,318円
通常価格(歯磨き粉):2,700円

【成分一覧】水、グリセリン(保湿剤)、酸化チタン(着色剤)、ソルビトール(保湿剤)、アルギン酸 Na(増粘剤)、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、コカミドプロピルベタイン(洗浄剤)、トレハロース(保湿剤)、クエン酸(pH 調整剤)、クエン酸 Na(pH 調整剤)、シクロデキストリン(吸着剤)、ポリ-ε-リシン(製品の品質保持剤)、メチルパラベン(防腐剤)、スペアミント油(香味剤)、香料(ミントタイプ)

BLANXブランクスホワイトショック

評価
口コミ
(3.0)
コスパ
(3.5)
使いやすさ
(3.0)
オススメ
(3.0)

3000万本もの売り上げを誇るブランクスホワイトショックはイタリアから上陸したホワイトニング商品です。ミスイタリアのグランプリも使用しているなどイタリアでは人気の商品。イギリスやポーランドなど各国で賞を受賞している実力があります。歯磨き粉の容器に光照射ユニットを取り付けて使う少し変わったタイプになっています。

通常価格(LEDユニット+歯磨き粉):1,944円
通常価格(歯磨き粉):1,522円

【成分一覧】水、ソルビトール、含水シリカ、グリセリン、シリカ、イソプロパノール、セルロースガム、香料、キシリトール、ヒドロキシアパタイト、酸化チタン、サッカリンNa、ミリストイルサルコシンNa、ココイルメチルタウリンNa、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ベンジルアルコール、エイランタイエキス、リモネン、青1

※価格は全て税込表示
※楽天市場・Amazonは価格が異なる

LEDホワイトニングの商品の選び方

「オススメの商品はわかったけど、どれがいいか分からない」という迷えるあなたに選び方のコツを紹介します。

予算と目的から商品の特徴で決めましょう

LEDホワイトニングの基本は「LEDライト」と「酸化チタン」という成分を反応させることが基本です。

どの商品にもLEDライトと酸化チタンは配合されています。それ以外の部分で選ぶ必要があるということです。

人それぞれ月にかけられる費用は違うと思いますが、大切なのは継続できることなので無理して初期費用をかける必要はありません。値段で決めるのも選び方としては良い方法です。

それ以外にも、LEDライトは洗えるのか、ケースはあるのか(衛生面)、使う頻度は何回なのか、1回何分かかるのか、使い方は簡単か、などは商品によって変わってくるので選ぶポイントになります。

→ledライトを使ったホワイトニングの効果の仕組みや副作用とは?

自宅でLEDホワイトニングを始めよう

ここまででオススメのLEDライトを使うホワイトニング商品をランキングで紹介しました。

ホワイトニングサロンと同じことが、より安く自宅でできるのがLEDホワイトニングの特徴です。

忙しくて時間がない方や、お金をかけたくない方はLEDホワイトニングがオススメです。

他のオフィスホワイトニングやホワイトニング歯磨き粉よりも相場も安いので、費用をあまりかけずに続けることができます。

今すぐ家でセルフホワイトニングを始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です