LEDライトで何で歯が白くなるの?ホワイトニングの仕組み原理と副作用

何でLEDライトで歯が白くなるの?

光触媒反応というのを起こしているんだ。

LEDライトを使ったホワイトニングが流行していますが、いったいどんな仕組みや効果があるのか不思議に思ったことはありませんか。

今回は、LEDライトをあてることで白くなる仕組みや原理、また副作用はあるのかなどをできるだけわかりやすく紹介していきましょう。

LEDでホワイトニングする仕組み

LEDライトを使ったホワイトニングで歯を白くする仕組みをみていきましょう。

専用のホワイトニング剤をLEDライトで反応させる

難しい説明はともかく、簡単に言うとLEDライトに成分が反応して、歯を白くしてくれるということです。

ビースマイルホワイトニングキットの場合

LEDを使ったホワイトニングにもそれぞれ違いはあると思いますが、今回は「ビースマイルホワイトニングキット」で使われているものを参考にします。

歯が黄ばんでいたり汚れていたりなど、歯には何らかの着色がありますよね。

歯に酸化チタン入りの専用のジェルをぬってLEDをあてると、ジェルが反応を起こして汚れの原因を分解してくれるんです。

その光に反応する成分を「酸化チタン」というのですが、これは特定の光の受けると活性酸素を作ります。(この反応を光触媒反応といいます。)

活性酸素が、ステインなどの着色汚れを分解する作用を持っています。

分解するだけでなく、さらに着色汚れを除去し汚れがつきにくくなるようにコーティングしてくれる作用もあるのです。

こうすることによって、歯は本来の白さに戻っていくというわけなんですね。

酸化チタンは注目の成分です

この酸化チタンはなかなか有能な成分で、抗菌や殺菌機能のほか消臭の効果もみとめられています。 

口内の雑菌の除去や歯の再石灰化、口臭の予防などを期待できるとして大注目の成分なんです。

副作用はありません

「反応」とか「酸化チタン」とか聞くと副作用がありそうで怖いですが。

ホワイトニング剤に配合されている酸化チタンは、食品や化粧品などの添加物として使用されている素材なので安全性が高く食べても心配のない成分です。

食品だけでなく歯磨き粉やカプセルなどの医薬品などさまざまなものに使用されています。

なので人体への影響はありません。

LEDライトももちろん安全なものです

光の波長域は赤外線などのエネルギーの弱いものから、紫外線のような強いエネルギーのものまでありますが、もちろん使用されているLEDライトの波長域は人体に害のないものなので安心して大丈夫です。

差し歯などでも効果はあるの?

最後に、差し歯など人工の歯にも効果があるのかを紹介していきます。

結論から言うと、一般の歯磨き粉と違い、LEDライトの光触媒は人工の歯でも反応するので効果はあるといえます。

しかし元の色以上には白くならないので注意しておきましょう。

信頼できる商品を選びましょう

ビースマイルホワイトニングキット

今回は、LEDの仕組みや原理、副作用を紹介してきました。

仕組みは単純で、副作用も心配ないということがわかりました。

中には粗悪品もあり、悪影響を及ぼす商品も絶対にないとは言い切れません。

そのため、しっかりと安心して使用できる商品を選ぶようにしましょう。

今までホワイトニング用の歯磨き粉で効果を得られなかった方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

今回参考にしたビースマイルホワイトニングキットのLEDは自宅で簡単にできて、値段も手軽で続けられる商品で毎月完売になるほどの人気なので、ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です