Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ビースマイルLED

ビースマイルLEDとシロクナリーナはどっちが良いの?徹底比較

ビースマイルホワイトニングとシロクナリーナを比較してみた
ビースマイルLEDとシロクナリーナはどっちがいいの?
どっちも良いところと注意すべきところがあるから紹介していくよ

シロクナリーナというLEDを使った商品があるということで、今回はビースマイルホワイトニングキットとシロクナリーナの2つの使い方や値段の違いについて、手間や費用がどれくらいかかるのかを紹介していきます。

比べるところ
  1. 使い方
  2. 機能
  3. 使用頻度
  4. 値段
  5. 継続費用
  6. 会社について

まずは共通点から

共通点もあるの?
あるよ!でも前提としてシロクナリーナは歯磨き粉、ビースマイルLEDはLEDライトがそれぞれ基本になっていることを知っておこう。

共通点は、どちらも酸化チタンとLEDライトを用いて行うホワイトニングであるということです。

この酸化チタンにLEDを照射することによって、反応を起こして着色などの汚れを分解するというものです。

ビースマイルLEDとシロクナリーナの違い

ざっくりとしたイメージは次の通りです。

ビースマイルLEDはLEDライトがメイン

シロクナリーナは歯磨きがメイン

下の使い方をみてもらえれば分かる通りです。

ビースマイルはLEDがメインなので、普通に歯磨きをする必要があります。ですがシロクナリーナは普段の歯磨きに少しLEDをあてましょう、というイメージです。

使い方の違い

ビースマイルとシロクナリーナのLEDの時間比較

まずビースマイルLEDですが、専用のジェルを歯の表面全体に塗ります。次にマウスピースをはめたら10分間LEDが点きます。そのあと口をゆすいだら、軽くブラッシングをして終了です。

対するシロクナリーナは、セットについてくる歯磨き粉を歯ブラシにつけたら、30秒から1分ほどLEDを歯ブラシにあてます。そしたらいつも通りに歯ブラシをします。終わったら口をゆすいで、今度は歯に直接LEDライトをあてます。これも30秒から1分くらいが目安です。

ビースマイルLED
  1. ジェルを歯に塗る
  2. 歯に10分LED照射
  3. 軽くブラッシング
シロクナリーナ
  1. 歯磨き粉に30秒LED
  2. 普通に歯磨き
  3. 歯に30秒LED照射

いかがでしょうか。LED照射時間はビースマイルLEDは10分間なのに対し、シロクナリーナは合計1分から2分です。

結構違いがあるね!
違いは他にもあるよ

機能の特徴

ビースマイルLED
  • タイマー付き
  • マウスピース付き
シロクナリーナ
  • マウスピースなどの付属なし

ビースマイルLEDの機能の主な特徴は2つあります。

1つはタイマーがついているところです。

10分間のタイマーがLEDについていて、時間になると音がなって教えてくれるので時間を気にする必要がありません。

テレビみてたら時間忘れるから助かる

2つ目は、マウスピースがついている点です。口にくわえることで、LEDを直接当てることができるので両手が空いた状態でホワイトニングができます。

インスタやYouTubeをみながらでもできるんだ

次に、シロクナリーナの特徴ですが、こちらはタイマーもマウスピースも付属していません。

とはいえ実際にLEDをあてるのは1分くらいなので、手で持ちながらでもそこまで苦ではないと思います。

ここにもイメージの違いが出てくるね
シロクナリーナは歯磨きメインだから必要性がないのかもね。

成分の違い

ビースマイルホワイトニングキットとシロクナリーナの成分一覧を紹介します。

ビースマイルホワイトニング専用ジェル成分一覧
水、グリセリン、エタノール、キサンタンガム、酸化チタン、クエン酸、ステビア葉/茎エキス、メントール、メタリン酸Naヒドロキシアパタイト、セルロースガム、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-150、香料、赤102、青1、安息香酸Na

ジェルがリニューアルされました!有効成分の酸化チタンの配合量を1.5倍に増量。そしてジェルの粘度が固くなりました。

シロクナリーナ専用歯磨き粉成分一覧

水、グリセリン(保湿剤)、酸化チタン(着色剤)、ソルビトール(保湿剤)、アルギン酸 Na(増粘剤)、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、コカミドプロピルベタイン(洗浄剤)、トレハロース(保湿剤)、クエン酸(pH 調整剤)、クエン酸 Na(pH 調整剤)、シクロデキストリン(吸着剤)、ポリ-ε-リシン(製品の品質保持剤)、メチルパラベン(防腐剤)、スペアミント油(香味剤)、香料(ミントタイプ)

使用頻度について

次は使う回数についてです。

ビースマイルLEDは汚れが気になる場合は週3回〜4回、今の色をキープしたい場合は週1回が目安です。

シロクナリーナは記載がなかったのですが、おそらく普通の歯磨きと同じなので毎日使うのが目安になります。

まとめ

ビースマイルLED

  • 汚れが気になる場合は週3回〜4回
  • キープしたい場合は週1回

シロクナリーナ

  • 毎日

費用はどれくらい違うの?

商品を決める重要なポイントだね。
そこまで大きな差はないと良いけど。

歯磨き粉にしてもLEDにしてもホワイトニングは継続しないとあまり効果を期待できないですが、かといって経済的に負担が大きすぎると使い続けるのは難しいですよね。

ここでは、通常金額だけでなく3ヶ月、6ヶ月と続けた場合にいくら費用がかかるのか目安をそれぞれ紹介していきます。

通常金額、コース

まず1ヶ月の通常金額と、それぞれのコースの金額は次のようになります。ビースマイルLEDもシロクナリーナも1回LEDライトが届いたら、次から買う必要がないのでその分安くなります。

ビースマイルLED
  • 通常金額 6,480円(送料無料)
  • 定期初回 5,184円(送料無料)
  • 2回目〜 3,116円(ジェルのみ)
シロクナリーナ
  • 通常価格 4,980円(税?送料?)
  • お試しコース 4,968円
  • 3本セット 8,618円(送料無料)

※値段は税込表示,シロクナリーナ通常価格除く。

続ける場合にかかる費用(目安)

ビースマイルとシロクナリーナの値段の違い

ビースマイルの定期コースについては、4回目以降中断できるので自分のペースに変更がかのです。公式サイトの情報では、今の色をキープしたい場合は週1回でOKとなっているので、周期を変えることで費用を抑えることができます。

ちなみにビースマイルLEDの定期コースにはプレゼントもあるよ!

シロクナリーナの歯磨き粉は1本の内容量100gです。

どれくらいかイメージが付きにくいかもしれませんが目安としては普通の市販の歯磨き粉で130gです。

ここでは1ヶ月1本として計算しています。

ビースマイルLED

定期コースの場合

  • 3ヶ月 11,416円
  • 6ヶ月 20,764円
シロクナリーナ

最初3本セット購入の場合

  • 3ヶ月 8,618円
  • 6ヶ月 18,668円
シロクナリーナ

お試しコースで購入の場合

  • 3ヶ月 11,668円
  • 6ヶ月 21,718円

※価格は全て税・送料込の表示
※価格はあくまでも目安になります

会社情報

通販で買い物するときは結構気にするかも!
信用できるかどうかのところだね。

販売している企業についてですが、どちらも他の商品でしっかりとした販売実績があるので安心して購入できます。

ビースマイルLED

社名 株式会社ECスタジオ
資本金 9,000,000円
設立 2014年3月10日
(公式サイトより)

シロクナリーナ

社名 株式会社 小町
資本金 5,000,000円
設立 2008年9月22日
(公式サイトより)

 

まとめ

今まで紹介してきた違いの大まかなまとめはこちらです。改めて確認すると、値段に関してはそこまで差はないものの、やはり全く別の商品を考えて良さそうですね。

ビースマイルシロクナリーナ
LED10分1分
頻度週3回毎日
通常価格6,480円6,028円
3ヶ月最安11,416円8,618円

※価格は税・送料込み
※通常価格6,028円 
内訳4,980円+税+送料650円

さいごに

ここまでで、2つの商品の違いや特徴について紹介してきました。

どっちも良いところがあって悩む・・・
歯磨きだけで済ませたい人はシロクナリーナで、気軽で本格的にホワイトニングしたい人はビースマイルLEDかな。

費用はそこまで大きな違いはみられませんでしたね。

どちらも自宅で簡単にできるので、自分にあった方法でホワイトニングしてみましょう。

ビースマイルLED

公式ページ

シロクナリーナ

SHIROKU NARI-NA(シロクナリーナ)公式ページ

ビースマイルホワイトニングキットについて気になった方は、メリットやデメリットの他、使い方や値段、口コミなどをまとめているので確認してみてください。