Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
コラム

歯の黄ばみが気になる6つの原因!自分で歯を白くすることができる?

ある日鏡を覗いた時に、
自分の歯の黄ばみが気になったことありませんか?

食後に毎回歯磨きをしても、なぜ歯は真っ白にならないのでしょうか。

それは、私達が毎日食べたり飲んだりしているものが歯に色素沈着して黄ばんでいき、歯磨きでは取れなくなってしまうから。

歳を重ねると肌のバリア機能が下がってシワやシミ、乾燥といった肌トラブルが多くなるのと同じように、歯も色素沈着やステインが溜まって黄ばんでいきます。

そこで気になるのが歯医者でのホワイトニングですが、しみたり痛いイメージがあったりお金や時間がかかるので、やってみたくても迷う方も多いことでしょう。

今回は、歯の黄ばみが気になる方のために歯の黄ばみの原因や自分でできるメインテナンスの方法をご紹介ます。

歯が白くなると清潔感がアップするだけでなく、若々しく見られて印象もアップするので良いことばかり。

では、早速見ていきましょう。

歯の黄ばみの6つの原因

毎日歯磨きをしているのに、歯が黄ばんでしまう原因は何があるのでしょうか?

よくある6つの原因をみていきましょう。

歯が黄ばむ6つの原因
  1. 食べ物や飲み物による色素沈着
  2. 虫歯による歯の色の変色
  3. 加齢による歯の黄ばみ
  4. 喫煙による歯の黄ばみ
  5. 抜歯による歯の変色
  6. 生まれつきの色

①食べ物や飲み物による色素沈着

毎日私達が食べたり飲んだりするものの色素が歯に付着すると、歯が黄ばんでしまいます。

特にポリフェノールやタンニン、カテキンといった成分が入っているものは、歯に付着しやすいのです。

例えば、赤ワイン、コーヒー、紅茶など色の濃い食べ物や飲み物を多く取ると、色素が歯の表面に付いてしまい歯の黄ばみの原因となります。

その他にも合成着色料を多く含む調味料も色素沈着しやすく、カレー、ソース、醤油、ケチャップなどは歯に色が付きやすいので注意が必要です。

しかし、食事によって歯の表面に着色汚れが付いても、丁寧にブラッシングをすればキレイに落とすことができます。

気をつけたいのは、研磨剤配合の歯磨き粉を使うと歯の表面のエナメル質が剥がれて色素沈着しやすくなるので避けるようにしましょう。

歯磨きはなるベく研磨剤不使用の無添加処方のもので丁寧にブラッシングしましょう。

  • 色の濃い食べ物や飲み物は、色素が歯の表面に沈着してしまうことが。
  • 研磨剤入りの歯磨き粉はエナメル質が剥がれる可能性も。

②虫歯による歯の色の変色

虫歯の治療をせずにそのまま放っておくと、歯が茶色く変色してしまうことがあります。

虫歯になると、虫歯菌から酸が出されて歯のエナメル質や象牙質が溶けてしまい歯が茶色く変色してしまうのです。

虫歯による歯の変色は黄ばみよりも茶色いので気が付きやすいと言えます。

歯の色が茶色になっていたら虫歯の可能性が高いので、歯医者に診てもらうようにしましょう。

③加齢による歯の黄ばみ

加齢によって歯そのものが弱くなり、歯のエナメル質が減っていくので黄ばみやすくなります。

歯の内側には象牙質があって、加齢と共に新陳代謝が遅れがちになるので、象牙質の黄ばみが強くなって目立つのです。

歯の表面を覆っているエナメル質も加齢と共に薄くなるため、より一層歯が黄色く見えてしまいます。

しかし毎日食後に丁寧なブラッシングをすることで、歯垢が歯に付着するのを防いでキレイな歯を保つことができます。

④喫煙による歯の黄ばみ

タバコをよくすう方は、歯にヤニが付くので歯が黄ばんでしまうのは避けられません。

キレイな白い歯を保つには、禁煙することが一番です。

どうしてもタバコは止められないという方は、毎日洗浄力のある歯磨き粉を使いしっかりブラッシングしましょう。

最近は、タバコのヤニにアプローチしてくれる成分が入った歯磨き粉も出ているので利用すると良いですね。

⑤抜歯による歯の変色

虫歯などの治療で歯を抜くと、歯髄が取られて歯が黄色く変形することがあります。

歯に十分な栄養素が行き届かないため、黄色から黒っぽく変色してしまうことがあります。

歯を健康に保つためにも野菜中心の栄養バランスの良い食生活を心がけて、体内に栄養素をしっかり取り入れていきましょう。

食生活が乱れている方は、マルチビタミンのサプリを利用するのも良いですね。

⑥生まれつきの色

人の歯の色は、生まれつきによりエナメル質が薄い人や内部の象牙質が黄ばんでいる人もいます。

生まれつきの色は変えることはできませんが、歯科医院でホワイトニングをすることで本来の歯の色よりも白くすることは可能です。

毎日のデンタルケアにより、歯の黄ばみを抑えてキレイな白い歯をキープすることも大切です。

 

歯の黄ばみをキレイにする方法

ここからは、歯の黄ばみを自分でケアする方法をご紹介しましょう。

最も簡単で手軽な方法は、ホワイトニング商品を使うことです。

歯の表面についたステイン(汚れ)は、ホワイトニングアイテムでキレイにすることができます。

例えば、エナメル質と同じ成分であるハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉は、歯の表面の傷を修復してツルツルに仕上げてくれます。

その他にも、研磨剤配合のある歯磨き粉や歯の消しゴムは、即効性があるのでいざというときのホワイトニングに適用しています。

しかし、研磨剤は使いすぎると歯の表面のエナメル質が剥がれて色素沈着しやすくなるため、毎日の使用は避けるようにしましょう。

もう少し本格的なケアをしたい方は、ホームホワイトニングがオススメ。

ホームホワイトニングとは、歯科医院で歯型を取って、自分専用のマウスピースに薬剤を入れて自宅でホワイトニングするやり方です。

最近では、マウスピースにLEDライトが付いたホームホワイトニングキットも販売されています。

タバコのヤニなどどうしても自力で落としきれない汚れは、安全性の高い低濃度の薬剤を使うホームホワイトニングが適しています。

ビースマイルホワイトニングの効果
ビースマイルホワイトニングキットは実際は効果ない?ビースマイルホワイトニングキットは実は効果なし?白くならない?成分や歯が白くなる理由を紹介。ビースマイルLEDを歯医者と歯磨き粉と効果などを比較。...

まとめ

今回は、歯が黄ばむ6つの原因とその対処法についてご紹介しました。

まずはセルフケアで毎日丁寧にブラッシングすることで、気になる歯の表面の汚れが取れてキレイになりますので、ぜひ試してみてください。

ホワイトニング歯磨き粉の値段ランキング
自宅でできるホワイトニング歯磨きの値段ランキング【定期コース版】自宅でできるホワイトニング歯磨き粉の値段を安い順にランキングで紹介しています。一番安い商品は?定期コースに申し込んだ場合の値段で掲載しています。...
ビースマイルホワイトニングキット
ビースマイルLEDホワイトニングキット

「通う時間はないしお金もかけたくない」
「でも歯は白くしたい!」という方に必須のアイテム。
ホワイトニングサロンのように通う必要なし!週3日でOK!
1回たったの10分で本格的なLEDホワイトニングができます。
自宅で簡単にホワイトニングができる「ビースマイルホワイトニングキット」は、ホワイトニング歯磨き粉よりも安く、そして効果的に続けられます。