ホワイトニングと矯正はどっちが優先?オススメの対処法

ホワイトニングと矯正はどっちが優先なのか

キレイな歯といえば、美しく輝く白い歯と歯列の整った口元をイメージしますよね。

歯が白くて歯並びが良いというのはキレイな口元の絶対条件です。

最近は、歯のホワイトニングや歯列矯正をする方が増えていますが、本音を言えばどちらもやりたいですよね。

そう思ったら、歯のホワイトニングと歯列矯正はどちらを優先すべきでしょうか?

将来的にどちらも施術したいと思ったときに、どちらを先に受けたほうがよいのでしょう。

そこで今回は、ホワイトニングと歯科矯正の優先順位、同時にできるのかどうかをみていきましょう。

ホワイトニングと矯正はどっちが先?

歯の矯正とホワイトニングの関係

ホワイトニングと歯科矯正はどっちを優先すべきかを結論からいうと、ズバリ歯科矯正です。

矯正治療を優先するべき

一般的な矯正治療は、ブラケットと呼ばれる器具を歯に付けてからワイヤーを通します。

歯の矯正には、歯にいろいろ器具を装着していくので、ホワイトニングがしにくいというのが理由です。

歯の矯正を始めるとブラッシングすることも難しくなるので、虫歯にもなりやすくメインテナンスが必要になります。

そのような状態でホワイトニング治療をするのはとても大変だといえます。

さらに、ホームホワイトニングをする場合はマウスピースを付ける必要があるため、歯にワイヤーが付いていると着用できません。

矯正中に色が戻ってしまう

ホワイトニングは永久的な治療ではなくメインテナンスが必要なので、先にホワイトニングをしても矯正中に色が戻ってしまうことも考えられます。

以上の理由から、ホワイトニング治療と矯正治療を両方やりたいと思っている方は、はじめに矯正治療を済ませてからホワイトニング治療をする順番をオススメします。

矯正→ホワイトニングがオススメ

  • 器具を装着するとホワイトニングしにくいから。
  • 先にホワイトニングしても矯正中に色が戻ってしまう可能性も。

矯正を先にするとホワイトニングが持続

歯にワイヤーが付いていると、ホームホワイトニングのマウスピースを着用できないので残念ながら不可能です。

一番良いのは、歯並びをキレイにしてから歯医者のホワイトニングで歯の色もキレイにして、ホームホワイトニングを取り入れてメインテナンスすると持続性をアップできます。

歯科矯正を先に済ませておけば、あとはホワイトニングに専念できるので、費用も時間もカットできるのでオススメです。

ホワイトニングと歯科矯正を同時に?

一番理想的なのは、歯科矯正の後にホワイトニング治療の順番といいましたが、時間がなかったり早く終わらせたい方もいると思います。

どうしても同時進行で進めたい!

裏側につける矯正器具も

そういった方は、歯の裏側に器具を付ける裏側矯正(リンガル矯正)を扱っている歯科医の場合は、同時進行が可能です。

もしくは、マウスピース矯正を採用している歯科医も矯正装置を固定しないため、同時に施術を行うことができます。

矯正用のマウスピースにホワイトニングの薬剤を入れて2時間放置すると、同時に矯正もホワイトニングもできるというわけです。

ホワイトニングと歯科矯正を同時に進めたい方は、裏側矯正またはマウスピース矯正を採用している歯科医を選ぶと良いです。

歯の裏側につける裏側矯正ならホワイトニングも可能です

気になる歯の黄ばみの対処法は?

では、歯科矯正中に歯の黄ばみが気になったらどうすれば良いのでしょうか?

基本的には、歯医者に月に1回程度のペースでクリーニングしてもらうと良いですね。

ブラケットが付いていると、食べ物が歯に詰まりやすく虫歯になりやすいと言われています。

歯医者で定期的にクリーニングしよう

そのため、定期的に歯医者へ行き矯正装置を調整してもらったり、歯のお掃除をしてもらうようにしてください。

歯にブラケットが付いていると、歯磨きが難しくなるので、虫歯や歯周病にならないようにブラッシングを念入りに行いましょう。

歯ブラシで行き届かないところは、歯医者に行けばワイヤーを外してクリーニングしてもらえるので、細かい部分もキレイにしてもらえます。

矯正中は歯磨き粉でケア

そして、先程も述べましたが、口にワイヤーが付いているとホームホワイトニングができなくなるので、矯正中はホワイトニング歯磨き粉しかケアができなくなります。

>オススメのホワイトニング歯磨き粉はこちら

ホワイトニング歯磨き粉【最新版】おすすめのホワイトニング歯磨き粉20選:市販もまとめて紹介

そのため、食べ物を食べたら必ず歯磨きを怠らないようにして、着色汚れを早めに取り除くように心がけましょう。

一度、歯に色素沈着(ステイン)が付くとブラッシングではなかなか取れにくくなってしまいます。

そのため、矯正中は歯の黄ばみ防止にブラッシングを念入りに行い、歯医者による定期的にクリーニングを忘れずに行いましょう。

黄ばみ防止
定期的に歯医者でのクリーニングを

信頼できる歯医者を受診しましょう

今回は、歯科矯正とホワイトニングはどちらを優先すべきか、同時に施術できるかといった疑問を見ていきました。

歯並びも直したいけど白い歯も同時に手に入れたい!と思っている方は、まずは矯正をしてからホワイトニングをするようにしてください。

矯正はホワイトニングより費用がかかるので大変ですが綺麗な歯並びを手に入れましょう。

信頼できる歯医者で矯正をすることが大切です。

失敗すると顎が歪んだり、余計に悪化する可能性もあります。

どうしても同時進行されたい方は、マウスピース矯正で進めると良いですね。

歯が黄ばむのはあれのせいだった!?

歯が汚れたり黄ばむ原因は食べ物にありました歯が汚れる主な原因を6個紹介します

 

Your compare list

Compare
REMOVE ALL
COMPARE
0