白すぎは不自然?黄ばんでいる歯と顔の第一印象とは

歯が黄ばんでいる人は白くしましょう

「昔は歯の黄ばみなんて気にならなかったのに、最近すごく黄色く見える…」と感じていませんか?

歯の黄ばみの原因は、日頃のブラッシングでは落ちきれないステインや色素沈着が溜まって、加齢によって年齢と共に歯の黄ばみが濃くなってしまうからです。

歯の黄ばみが気になると、思い切り笑えなくなったり笑い方が不自然になって自信がなくなってしまいますよね。

そこで今回は、歯のホワイトニングが必要な人のサインをご紹介します。

「もしかして自分もそうかも!」とおもったら、歯のホワイトニングやクリーニングをすることをオススメします。

では、早速見ていきましょう。

顔の第一印象

顔の第一印象と歯の色の関係は深いと言われています。

歯が黄色い人と白い人では、白い人の方が圧倒的に印象がいいのです。

明るくみえますし、清潔感があるように感じます。

一方で、歯が黄ばんでいると清潔感がないとみられるだけでなく、どこか顔が暗くみえるということは最近では広く知られています。

では歯を白くしたいタイミングやサインをみていきましょう。

次の4つのどれかに当てはまる人はホワイトニングすることをオススメします。

最近では歯磨き粉や自宅でLEDライトを使ったホワイトニンググッズも販売されています。

忙しい方や歯医者に行くのが面倒、億劫な方は自宅でできるホワイトニングを検討してみましょう。

①歯石が付いて黄ばんでいる人

食べ物を食べると食べカスや汚れが歯に付着して歯垢となりますが、しっかりブラッシングすれば、歯垢を落としてキレイな歯を保つことができます。

しかし、歯磨きを怠ったり適当に済ませてしまうと、歯垢が長い時間放置されて
石のように固くなった歯石となってしまいます。

歯石が出来ると歯が黄ばんで汚く見えるだけでなく、歯茎も汚れて口臭が発生する原因にもなります。

歯石をキレイにする対処法は?

キレイな白い歯をキープするには、歯垢の段階でしっかりブラッシングすることが大切です。

もし歯石がある場合は、ブラッシングでは取ることができないので、歯医者に行って取ってもらいましょう。

歯の黄ばみがひどくなると、歯石も増えていると考えられるので、虫歯や歯周病もある可能性があります。

そのため、歯の黄ばみが気になったら、歯科検診で口内環境を見てもらうことをオススメします。

虫歯や歯周病になる前に予防歯科に行こう

②食べ物・飲み物により歯が黄ばんでいる人

毎日コーヒー、紅茶、ワインを多く飲む人は、歯に色素沈着が溜まって黄ばみが悪化しやすいと言えます。

食べ物による色素沈着はステインと呼ばれ、普通のブラッシングでは取りにくくなってしまうのです。

歯の表面にはエナメル質あり虫歯を予防していますが、色素成分とも結び付きやすいため、ステインが付いてしまうのです。

特に色の濃い食べ物や合成着色料が配合されたケチャップやソースなどを食べたあとは、気をつける必要があります。

歯が黄ばんでいたら避けたい食べ物と飲み物はあれでした

着色汚れを落とす対処法は?

食べ物や飲み物により付着したステインは、普通のブラッシングではなかなか落とすことが難しいですが、ステイン除去やホワイトニング系の歯磨きを使うと改善されます。

ただし、歯科でのホワイトニングと比べると即効性はありませんので、日頃の美白ケアとして毎日使うと良いですね。

【保存版】おすすめのホワイトニング歯磨き粉20選:市販もまとめて紹介

③タバコによるヤニで黄ばんでいる人

タバコをよく吸う人は、歯にヤニが付いて黄ばみやすく、口臭もきつい傾向にあります。

タバコのヤニとは、本来タールと呼ばれるもので、歯にゆっくり付着して自力では取りきれなくなってしまうのです。

タバコは吸う方は、歯の黄ばみだけでなく歯茎もタールによって黒ずんでしまうので、口元があまり清潔に見えなくなってしまうので気をつけましょう。

ヤニ汚れの対処法は?

タバコによるヤニ汚れは、一度歯に付着するとかなり頑固なので、ホワイトニングの歯磨き粉を使ってもなかなか落ちないことが多いです。

キレイな白い歯をキープするならば、できれば禁煙することが一番の得策です。

どうしても止められない場合は、タバコのヤニに特化した歯ブラシなどを使って、毎日丁寧にブラッシングするようにしてください。

ただし、タバコのヤニは日頃のブラッシングで取れるのに限界があるので、定期的に歯科でクリーニングとホワイトニングすることをオススメします。

歯医者でホワイトニングできない方は、自宅で簡単にできるLEDを使ったホワイトニングもあるので検討してみましょう。

④金属の詰め物の変色により汚く見える人

虫歯の治療で銀歯や金属の詰め物をしている方は、劣化すると黄ばみや変色が目立ち、口元が清潔に見えなくなってしまいます。

虫歯の治療に詰め物に金属を使うと、劣化したときに体内に金銀パラジウム合金が流れ出るため、金属アレルギーの原因になると言われています。

そのため、最近は歯の色に似たプラスチック製の詰め物を使うなど工夫されています。

金属の詰め物がある方は、歯の黄ばみが目立ちやすくなるので気をつけましょう。

金属の詰め物による歯の変色を防ぐには?

歯医者にて金属の詰め物を取ってもらい、最新の材質に変えてもらうことで見た目を良くして歯の黄ばみも予防できます。

最近は、保険適用外ですが、変色や劣化の少ないセラミックでの治療も人気があるので、医師に相談してみると良いでしょう。

白い歯を保つために定期的に歯科受診しよう

歯の黄ばみが一度気になると、早くなんとかしたいと思いますよね。

あまり歯の汚れが気になると、人と話すときに自信がなくなったり、仕事やプライベートも暗くなってしまうことも考えられます。

そうなる前に、日常の丁寧なブラッシングは欠かさず行い、定期的に歯科を受診して、歯と口内環境をチェックしてもらうことが大切です。

鏡で自分の歯を見ると、「今すぐにホワイトニングしたい!」と思ってしまいますが、まずは歯石や虫歯のない健康的な歯を保つように心がけていきましょう。

加齢による歯の衰えには歯磨き粉を変えてみよう

20代の頃はそんなに気にならなかった歯の色も、30代、40代、、、と加齢と共に歯の黄ばみが気になるようになってきた。かと思えば歯茎は下に下がり、口臭も気になりはじめ、、、

そんな時は、まず歯磨き粉を変えてみましょう。

市販の歯磨き粉を使っていませんか?

まだ市販の200〜300円の歯磨き粉を使っていませんか?

まずは毎日使っている歯磨き粉を変えるだけで、健康的な口内環境に近づけることができます。

今すぐにでも歯磨き粉を変えましょう。

下の記事では、ホワイトニングや口臭、虫歯予防など目的別にオススメの歯磨き粉を紹介しています。

>>自分にあった歯磨き粉を探す

歯の色が相手に与える印象は大きいのです

今回は、歯のホワイトニングが必要な人に見られるサインについて見ていきました。

歯の汚れやステインを改善するには、毎日の丁寧なブラッシングと定期的な歯科のチェックが基本となります。

まずは歯の汚れを落としましょう

虫歯や歯石があるかもと心当たりがある方は、早めに歯科を受診して歯のクリーニングと治療を済ませることが先決。

ホワイトニングは、保険適用治療や保険外治療もあるので、かかりつけの医師に相談して選択しましょう。

歯の色が黄色いのと白いのでは、相手に与える印象が変わることが検証されています。

歯を綺麗にすることは、口の臭いを気にすることと同じように、もはやマナーの一つかもしれません。