Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
コラム

外国人の歯はなぜあんなに白くてキレイなの?日本と違う3つの理由

ハリウッドの映画やドラマを見ていると、口元の歯がピカーンと真っ白に輝いていて目立ちますよね。

アメリカでは、白人でも黒人でもラテン系でも、人種に関係なく、歯が白い人が多いイメージがあります。

ハリウッドスターでなくても一般の人も白い歯をキープしていて、なぜあんなに白いのだろうと思ったことはありませんか?

今でこそ、日本でもホワイトニングや歯のメインテナンスが注目され始めてきましたが、欧米はもっと歯に対する美意識が強い傾向にあります。

それだけでなく、人の歯の色には生まれつき個人差があり、日本人はもともと黄色っぽいことが分かっているのです。

そこで今回は、外国人の歯が日本人よりも白い3つの理由をご紹介しましょう。

なぜ外国人の歯は白いの?

なぜ、外国人の歯は日本人と比べるとあんなに白いのかと言うと、歯に対する美意識が違うことが挙げられます。

例えば、アメリカでは「歯を見れば清潔感が分かる」と言われているほど、歯の白さはその人の印象を決める要素となっています。

歯が黄ばんでいたり歯並びが悪いと、不潔な印象を受けるので、男女とも身だしなみとして歯を白くキープしている人が多いのです。

アメリカでは、日本よりも歯に対する美意識が強いので、薬局でもホワイトニングのアイテムが充実していますし、歯科での施術も多く行われています。

日本のように歯科治療に保険が効かないので、虫歯にならないように予防することや歯をキレイに保つように心がけている人が多いと言えますね。

そして、デンタルケアの最先端を行っている北欧のスウェーデンでは、小児歯科の治療が無料なので小さい頃に矯正を済ませる人が多いのです。

このように、国の保険システムによって、人の歯に対する意識が変わることが分かりますね。

日本では、虫歯の治療をする人が多くでも、ホワイトニングをする人は自由検診になるため、まだまだといった状況です。

理由①日本人は外国人よりも元の歯の色が黄色い

人の歯の色を印象づけるのは、歯の表面にあるエナメル質の厚さによって決められます。

外国人の歯は白色の半透明であるエナメル質が厚く歯を覆っているので、歯の内側にある黄色い象牙質がしっかりカバーされています。

そのため、外国人の歯は生まれつき歯が白く見えやすいのです。

しかし、日本人を含む黄色人種はエナメル質が薄い傾向にあるので、中の黄色が透けてしまい、歯の色が黄ばんで見えてしまうというわけです。

エナメル質の厚さや象牙質の黄色具合は、生まれつきにより個人差があるので、人によってそれぞれ違います。

日本人を含む黄色人種は、白人と黒人よりも生まれつきエナメル質が薄く、象牙質の黄色味が濃いので、歯に透明感がある人が少ないのです。

理由②外国人は日本人よりもデンタルケアを意識している

生まれつきの歯の色は、自分の力で変えられないので仕方ありませんよね。

しかし、歯に対する美意識には、外国人と日本人の間に大きな差があるのです。

欧米では、日本よりも歯のホワイトニングや歯のメインテナンスに対する意識が高いので、歯に対して厳しく管理しています。

外国人の歯が日本人の歯より白く感じる
理由は、生まれつきの歯の色だけでなく、歯に対する美意識が高いことも大きな原因と言えます。

日本人が歯医者に行く目的は、虫歯治療や歯周病の治療などが多く、ホワイトニングのために通う方は、まだまだ少数派なのです。

いつも白い歯でいることは、キレイに見てるだけでなく、身だしなみとしても大切なことですから、私達も気を使っていきたいですよね。

毎日歯磨きをしていても、自分では落としきれないステインや歯石は、歯に残ってしまうので定期的な歯科検診は大切です。

白い歯をキープするには、しっかり歯医者で口内環境をキレイにすることから始めましょう。

理由③外国は銀歯を使わない

外国人の歯が白くキレイに見える理由は、ほとんど銀歯や金属を使わないのもひとつの理由です。

歯科の先進国では、虫歯の詰め物に銀歯
や金属を使わずに、レジンというプラスチック素材を使います。

虫歯に金属を使うと、劣化したときに金銀パラジウム合金という成分が口の中で溶け出して、金属アレルギーを引き起こす原因になると言われています。

そのため、欧米では歯の被せ物には金属を廃止している国もある程です。

そして、見た目にも笑ったときに金属が見えると目立ってしまうので、あまりカッコ良くはありませんよね。

日本の虫歯治療では、まだまだ金属の被せ物が使われているので、見た目の印象が良くない原因になっています。

日本の白い歯に対する美意識はまだまだ

先進国の日本は、歯に対しての美意識はまだまだ発展途上にあると言えるでしょう。

日本では、歯医者は痛い思いをするので苦手だという方も多く、あまり定期的に歯科検診を受けない人も多く見られます。

そのため、虫歯や歯が痛くなってから歯医者に行く人が多いのです。

欧米では、歯医者は虫歯を治すだけでなく、歯並びやホワイトニングのために行くのが当たり前となっています。

特にアメリカでは、歯科治療はすべて自由検診の自己負担になるため、虫歯にならないように予防歯科が発達しているのです。

そして、ドラッグストアや薬局に行けば、歯石を取るアイテムや日本では処方箋扱いのホワイトニング剤まで手頃な価格で手に入ります。

日本では、ホワイトニングは歯科医により安全に行うことができますが、まだまだ敷居が高いイメージがあるのが現状です。

しかし日本でも、最近はホームケアや自宅でできるホワイトニングも増えてきているので、私達も歯に対する美意識を高く持って過ごしていきたいですね。

モテる女子はなぜ歯が白いのか?ホワイトニングで女子力アップテレビや雑誌で見る女性芸能人やモデルさんの歯は真っ白でキレイですよね。 人に見られる仕事をされている方は、歯のメインテナンスは必須...

まとめ

今回は、外国人の歯の色が白い理由について見ていきました。

人の歯の色は、ある程度は生まれつきの
歯の質によって決まりますが、日頃のデンタルケアや歯医者でもメインテナンスによりキレイな白い歯を保つことができます。

ぜひ、今日から笑ったときに輝く白い歯を目指してデンタルケアに力を入れていきましょう。

低予算で白くなる!プチプラでできる歯のホワイトニング方法は?歯医者でのホワイトニングは興味があるけど、費用も時間もかかりそうだし、痛みや染みたりするのも心配…と思う方は多いでしょう。 本格的...
ビースマイルホワイトニングキット
ビースマイルLEDホワイトニングキット

「通う時間はないしお金もかけたくない」
「でも歯は白くしたい!」という方に必須のアイテム。
ホワイトニングサロンのように通う必要なし!週3日でOK!
1回たったの10分で本格的なLEDホワイトニングができます。
自宅で簡単にホワイトニングができる「ビースマイルホワイトニングキット」は、ホワイトニング歯磨き粉よりも安く、そして効果的に続けられます。