【歯を白くしたい】プチプラでできるホワイトニング

歯医者でのホワイトニングは興味があるけど、費用も時間もかかりそう。

それに痛みや染みたりするのも心配…と思う方は多いでしょう。

本格的なホワイトニングをする前に、低予算で限界まで歯を白くしたい!と思いませんか?

最近は、歯に対する美意識を持つ人が増えていて、手軽に自宅でホワイトニングケアをできるアイテムが増えてきました。

今回はプチプラでホワイトニングケアをしたいときにオススメの方法をみていきたいと思います。

プチプラで歯のホワイトニングをする方法

歯が白い笑顔の子ども

ホワイトニングといえば、歯科医で歯を漂白するイメージがあります。

しかし医療機関のホワイトニングは、費用や時間がかかります。

それだけでなく施術中に痛くなったりしないか心配ではありませんか?

では、低予算でホワイトニングするにはどんな方法があるでしょうか?

自宅でできるやり方を5個みていきましょう。

①ホワイトニング歯磨き粉を使う

自宅で歯を白くしたい方にオススメなのは、ホワイトニング歯磨き粉を使うことです。

ホワイトニング歯磨き粉を使うと、歯の表面に付いた色の濃い食品やタバコのヤニの色素を除去することができます。

多くのホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤が多く含まれていて、歯の表面の着色を落としていきます。

研磨剤配合の歯磨きは、使いすぎると歯や歯茎を傷つけてしまう原因となるので毎日使わずにスペシャルケアとして使うと良いですね。

歯磨き粉では漂白できない

ホワイトニング歯磨き粉は、色素沈着は落とすことができても、歯の内部にある象牙質の層の黄ばみを透明化して白くすることは難しいといわれています。

なぜなら、日本では薬事法が厳しいからです。

歯を漂白して白くする過酸化水素はホワイトニング商品に配合できないことになっています。

なので、日本で販売されているホワイトニング歯磨き粉は、歯の表面に付いた汚れやステインを落とすという効果に留まっています。

歯の内部まで漂白して白くするには、歯医者でのホワイトニング治療を受ける必要があります。

【定期コース版】ホワイトニング歯磨き粉の値段安い順13

②歯の消しゴムを使う

ホワイトニング歯磨き粉よりも即効性のあるやり方で歯を白くしたい方には、歯の消しゴムがオススメ。

最近は、ドラッグストアや薬局、楽天市場やアマゾンでも500円前後で購入できます。

歯に付いた色素沈着やタバコのヤニをすぐにキレイにできるので、とっさの緊急事態にも役立ちますよ。

歯表面の水気を取ってから、歯の表面をこすり、口をゆすぐだけなので使い方が簡単なのも嬉しいポイント。

歯の消しゴムは、研磨剤が歯の歯の着色汚れやステインを取ってくれる優れもの。

注意点は、歯の消しゴムは研磨剤で作られているため、あまり使いすぎると歯のエナメル質を剥がして色素沈着を早めてしまいます。

そのため毎日使うのではなく、特別な日のスペシャルアイテムとして使うと良いですね。

③ホワイトニングテープを使う

アメリカでは自宅でできるホワイトニングケアといえば、ホワイトニングテープが主流です。

日本では歯科医しか使用することができない漂白成分の過酸化水素をテープに含ませているため、手軽に効果的なホワイトニングができるのです。

歯の表面に付着したステインだけでなく、歯の内部まで漂白できるので確かな効果を実感できます。

しかし、日本の薬事法は厳しいために、日本では過酸化水素配合のホワイトニングテープを購入することはできません。

今のところ、アメリカで直接購入するかまたは個人輸入すれば手に入れることができます。

そのため、手軽にできるホワイトニング方法ではありませんが、最高12ヶ月効果が持続するホワイトニング方法なので、
機会があれば使ってみることをオススメします。

④セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとは、歯医者や医療機関ではなく、エステサロンで行うホワイトニングのことです。

日本では医療資格を持つもの以外が施術をするのは禁じられているので、エステサロンでは自分でジェルを塗って進めるため、セルフホワイトニングと呼ばれています。

エステサロンでは、医薬品の過酸化水素や過酸化尿素を使用することができないため、重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸といったクリーニング剤を使用します。

気になるホワイトニング効果は、歯の表面に付いたステインは除去できますが、
歯の内部まで漂白して白くすることは難しいと言えます。

メリットとしては、歯医者でのホワイトニングよりも費用が安く、1回であたり3,000円くらいなので低予算なのが嬉しいポイント。

ホワイトニング歯磨き粉では限界を感じた方は、セルフホワイトニングを試してみる価値がありますね。

⑤ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯医者で自分専用のマウスピースを作ってから自宅で薬剤を塗り、歯を白くするやり方です。

ホームホワイトニングの特徴は、歯医者で行うホワイトニングよりも薬剤の濃度が低いので、安全性が高いこと。

歯医者の施術のように歯に光やレーザーを当てないので、刺激が少ないのがメリットです。

歯医者のホワイトニングと比べると、ホームホワイトニングは何度も作業を繰り返さなければなりませんが、リスクを抑えて自宅でできるので人気がある方法です。

低予算でできるオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングというと費用がかかる高いイメージがあります。

今では低価格でできる医療機関もあります。

しかし信頼できるところを調べて行くようにしましょう。

まずは歯が黄ばまないように

ホワイトニングのやり方の前に、なぜ自分の歯が黄ばんでしまったのか原因を知ることが大切です。

歯の黄ばみと食べものの関係

歯が汚れて見えるのは、主に2つのケースがあり、歯の表面に付いた食べ物や飲み物による色素沈着、そして歯の内部にある象牙質が黄ばんだケースがあります。

どちらの場合も、放っておくと歯の黄ばみが悪化するので、早めにホワイトニングケアすることをおすすめします。

例えば、カレーやコーヒー、ワインといった色素が濃い食べ物を飲んだり食べたりすると、歯の表面に色素沈着してしまうため「ステイン」が溜まってしまうのです。

歯が黄ばんでいたら避けたい食べ物と飲み物

タバコを吸う方も、タールと呼ばれるヤニも歯に付着して黄ばみの原因となるのでホワイトニングケアは必要です。

歳とともに歯は黄ばみやすく

加齢と歯の黄ばみ

歳をとって歯の内部の象牙質が黄ばんでしまった場合もホワイトニングケアをした方が良いでしょう。

歯の内部には象牙質の層があり、歯の表面のエナメル質が覆っていて、虫歯や菌から歯を守っています。

しかし、歯の内部にある象牙質の層が黄ばんでしまうと、透明なエナメル質から透けて目立ってしまうのです。

これらの原因によって、歯の黄ばみが目立ってきたら、なるべく早くホワイトニングケアをして対策することをおすすめします。

まとめ

今回は、低予算でできるホワイトニング方法をご紹介しました。

ホワイトニングは歯医者以外にもいろいろなやり方があることがお分かりいただけたかと思います。

まずは、低予算のホワイトニングで自分の歯をできるところまで白くしてキレイになりましょう。