Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
コラム

オフィスホワイトニングは歯が溶けるの?気になる歯茎へのダメージ

歯医者のオフィスホワイトニングの知覚過敏と歯茎の痛み

今回は、白い歯になれる歯医者のホワイトニング治療は、歯や歯茎にダメージがあるのかどうかをみていきましょう。

そして、ホワイトニング以外にも健康的志向の人がなりやすい歯が溶けるケースも合わせてご紹介します。

一昔前までは、歯のホワイトニングは芸能人やモデルといった人に見られる職業の人がやっているイメージがありました。
しかし、最近は歯科で施術するような本格的なホワイトニングを自宅にいながらでもできるようになりました。
そのため、一般人でも時間や費用をかけずに、手軽にホワイトニングができるようになったのです。
肌や髪のケアをするのと同じように、白く輝く歯を手に入れるために、歯のホワイトニングに力を入れている人が急増しています。
歯が白くなったら、自信を持って笑顔でいられるので、きっと今より毎日が明るい人生になりそうですよね。
ただし、ホワイトニングといえば歯がもろくなってしまったり、歯茎が染みたりというイメージがあるので、治療に踏み出せない方も多いのも事実です。

歯のホワイトニングはどんな治療?

オフィスホワイトニングと歯茎の痛み

歯のホワイトニング治療とは、歯の表面を漂白することにより歯を白くしていく治療法です。

歯の表面に薬剤を付けて、歯の表面に付いた有機物を分解して漂白することにより、透明感を出していきます。

歯医者で歯科医が過酸化水素を使用して施術する「オフィスホワイトニング」が一般的ですが、最近は、自宅で過酸化尿素を使って行う「ホームホワイトニング」も人気です。どちらも歯医者の許可が必要なものなので基本的には、歯医者以外で処方してもらうことはできません。

例外としては海外のホワイトニングテープがあります。海外の輸入品の中には「過酸化水素」が配合されている商品もあるようです。日本では認めれていないため、海外製ホワイトニングテープを使うことはオススメできません。万が一使用する場合は自己責任で行いましょう。

それ以外にも、ホワイトニング歯磨き粉やLEDホワイトニング、ホワイトニングシートなどホワイトニング効果を謳っている商品は数多くありますが、正確な「漂白」という意味でのホワイトニングは医療機関の歯科医院やクリニックで提供されるオフィスホワイトニングとホームホワイトニングだけになります。

ホワイトニング施術は歯が溶けるの?

歯医者でのホワイトニングというと歯を漂白するため、歯が溶けたり脆くなってしまうイメージがあるかと思います。

しかし、最近のホワイトニング治療は、患者さんに合った治療法を見極めた上で施術が行われるため、歯や歯茎にダメージを与える心配はありません。

ホワイトニングの施術は、まず歯の表面に過酸化水素や過酸化尿素といった薬剤を塗布します。

そのときに酸素が発生して歯の表面に付いた色素と結合して透明化していくのです。

つまり、歯の表面の有機物成分にしかアプローチしないため、歯そのものを溶かしたりダメージを与えてしまうリスクはありません。

歯や歯茎へのダメージは心配無用です

ホワイトニング施術で歯は弱くなる?

歯医者のホワイトニングの治療は、高濃度の薬剤を使った場合、一時的に歯のミネラル成分が溶出するので、歯の表面が弱い状態となり知覚過敏のようになります。

薬剤が歯の表面にある保護膜を溶かしてしまうため、一時的に歯が弱まります。

そのため、ホワイトニング施術をした当日は、医師から2〜3日は酸性の食品は控えるように指示されます。

ただし、ホワイトニングにより歯が弱くなるのは一時的なものですから、唾液が分泌されて再石灰化すると元の強い歯に戻るので大丈夫です。

一時的に痛くなりますが元に戻ります

ホワイトニング施術中は歯や歯茎が痛くなる?

ホワイトニング施術中は、葉や歯茎が痛くなったり染みたりするとよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

歯科医院でのホワイトニングは、高濃度の薬剤を使った場合、薬剤が歯茎に触れてピリピリ痛みを感じることがあります。

ホワイトニングをする前から冷たいものを食べると歯茎が染みるような知覚過敏の症状がある方は、歯茎が染みやすいと言えます。

もちろん歯茎に薬剤が触れないように歯茎にカバーをつけてくれる歯医者もあるので、不安な方は事前に相談しましょう。

歯科医で行うホワイトニングは濃度の高い薬剤を使うので、染みるのが心配な方は、歯茎のマッサージをして歯茎を強くしてから施術を受けると良いでしょう。

健康志向な人がなりやすい酸蝕歯(さんしょくし)とは?

少し話がそれますが、

歯が溶けてしまうのは、ホワイトニング治療だけではありません。

健康志向な方は、酸性の食品や飲み物を良く摂取する方が多いでしょう。

しかし、健康のために摂取している酸性の食品こそが、歯を溶かす原因にもなるので注意が必要です。

食べ物や飲み物に含まれる酸により、歯のエナメル質を溶かしてしまう「酸蝕歯(さんしょくし)」になることがあるのです。

最近の健康ブームと比例して、酸蝕歯になる患者数が増えているのです。

通常、歯の表面にはエナメル質があり虫歯や菌から守っています。

エナメル質は酸に弱い特性があるため、食事や飲み物によって酸に触れる時間が長くなると、歯のミネラル成分が溶け出して脱灰が起こり、歯が弱くなるのです。

酵素ドリンクやお酢やクエン酸、栄養ドリンクを飲んでいる方は、歯が一時的に柔らかくなってしまうので注意が必要です。

エナメル質の多くが失われて酸蝕歯になってしまうと、虫歯のように治療が必要になります。

酸蝕歯を予防するためには、酸性に触れた柔らかい歯が崩れるのを防ぐために飲食後30分は歯磨きを控えるようにしてください。

また、歯の再石灰化を促進するフッ素やリカルデント配合の歯磨き剤などを使うのもオススメです。

食後すぐの歯磨きは出来るだけ避けよう

安心できるオフィスホワイトニングを選ぼう

オフィスホワイトニングは安心できる歯医者で

今回は、ホワイトニング施術による歯が溶けるリスクがあるのか、そして酸により歯が溶けてしまう酸蝕歯についてご紹介しました。

歯科医でのホワイトニングを受けたいと思っている方は、歯が歯茎を健康な状態にしてから施術を受けると痛みのリスクも減るので安心ですね。

オフィスホワイトニングの特徴はクリニックや歯科医院ごとに変わってきます。

事前によく調べずに行ってしまうと、怖くて不安になったり、あとあと後悔することにもなりかねません。

無料でカウンセリングをしてくれるところや、しっかりと話を聞いてもらえるなど、安心できる歯医者を選ぶようにしましょう。

歯の白さと歯茎の関係!ホワイトニングすると歯茎はしみる?この記事では、歯の白さと歯茎の関係について紹介しています。ホワイトニングで歯茎がしみるのか?という疑問に答えていきます。 笑った時...
ビースマイルホワイトニングキット
ビースマイルLEDホワイトニングキット

「通う時間はないしお金もかけたくない」
「でも歯は白くしたい!」という方に必須のアイテム。
ホワイトニングサロンのように通う必要なし!週3日でOK!
1回たったの10分で本格的なLEDホワイトニングができます。
自宅で簡単にホワイトニングができる「ビースマイルホワイトニングキット」は、ホワイトニング歯磨き粉よりも安く、そして効果的に続けられます。