歯が黄ばんでいたら避けたい食べ物と飲み物はあれでした

歯が黄ばむ原因を紹介

食べ物によって歯の色が変わってしまうことがありますよね。

実は食べ物や飲み物には、色素沈着しやすいものとそうでないものがあるのです。

ある程度知っておくとキレイな白い歯をキープすることができます

いつも白い歯を見せながら笑顔でいる人は清潔感があって、とても印象が良いですよね。

そこで今回は、白い歯をキープするために色素沈着しやすい食べ物や飲み物をみていきましょう。

黄ばみの主な原因は食生活です

歯が黄ばんでしまう原因はいくつかありますが、主な原因は食生活にあります。

毎日、食べたり飲んだりしているとステインと呼ばれる汚れが歯に付いてしまい、その色素が沈着することで歯が黄ばんでしまうのです。

タバコを吸う方はヤニもあります

食べ物や飲み物だけでなく、タバコを吸う方はタールと呼ばれるヤニも歯の表面に付いてしまいます。

タールは黒褐色で粘質性があるため、一度色素沈着するとブラッシングで簡単に取ることができません。

このように、食べ物や飲み物、タバコの色素が歯の表面に付くと、エナメル質の上に蓄積されて黄ばんでしまうというわけです。

歯が黄ばむのは色素の付着が原因

歯の黄ばみを引き起こす食べ物と飲み物は?

歯が黄ばむ飲み物

歯を汚してしまうといえば、コーヒーや紅茶というイメージがありますが、他にも色素沈着しやすいものが多くあります。

基本的に色が濃くて酸性度の高い飲食物は、色素沈着しやすいので要注意です。

代表的なものは次のように挙げられます。

飲み物
(例)コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、アルコール、
お酢、炭酸飲料、柑橘類のジュースなど

他には合成着色料が入ったケチャップ、ソース、酸性食品の醤油といった調味料は、毎日少しずつ摂取し続けているので色素沈着を起こしやすいと言えます。

成分としては、茶渋のタンニン、ポリフェノール、ターメリックなども色素沈着しやすいので注意が必要です。

カレーやチョコレートは着色性食品なので歯が黄ばみやすいことがわかります。

食べ物
(例)ケチャップ、ソース、醤油
カレー、チョコレートなど

以上の食品や飲み物を食べたときは、いつもより念入りにブラッシングをして、
歯の表面にあるエナメル質に色素を残さないように気をつけましょう。

色素沈着しやすい、色が濃い・酸性度の高い飲食物には注意が必要

酸性の食品にも注意

白い歯をキープするには、酸性食品の摂取も気をつける必要があります。

例えば、お酢、梅干し、柑橘系のフルーツ、炭酸飲料といった酸度の高い食べ物や飲み物は、歯のエナメル質を溶かしてしまう性質があるのです。

酸性食品は、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうため、歯を一時的に弱めてしまいます。

そのような酸性食品と一緒に、色素沈着しやすい食べ物を一緒に摂ると、溶けた歯の表面に色素が付きやすくなるので、注意が必要です。

健康志向の方は、酵素ドリンクやお酢を飲んでいる方も多いかと思います。

酵素ドリンクとカレーを一緒に食べると、色素沈着を促進させて歯が余計に黄ばんでしまうということです。

そのため、白い歯をキープするためには、色素沈着を促す酸性食品も注意するようにしてください。

酸性食品は歯に色素がつきやすくなるので注意

食べ物と飲み物による歯の黄ばみを防ぐには?

歯が黄ばむ食べ物

食べものや飲み物による歯の黄ばみを防ぐには、常に口をしっかりゆすいで歯に色素を触れさせないように意識すると良いです。

口をゆすぐ回数を増やす

食べ物の色素がいつまでも歯の表面に付着していると、歯が黄ばんでしまう原因になります。

食後にすぐ歯磨きする時間がないときは、口をゆすいで対策しましょう。

食べ合わせを気にする

その他には、色素が濃い食べ物を食べる回数を減らすことも大切です。

例えば、アルコールを飲みながらトマトソースたっぷりのパスタをゆっくり食べると、色素沈着を促進させて歯の黄ばみの原因となってしまいます。

外食中などは特に色素沈着を予防するために食べ合わせなどに気を使うようにしましょう。

黄ばみを防ぐには

  • 食後にすぐ口をゆすぐ
  • 食べ合わせに気をつける

歯が黄ばんでしまったら

色素の強い食べ物ばかり食べて、歯が黄ばんでしまったら、どう対処すれば良いでしょうか?

ホワイトニング歯磨き粉はお手軽

一番手軽な方法は、ステインを除去してくれるホワイトニング用歯磨き粉を使用することです。

ホワイトニング歯磨き粉は、歯の着色汚れを浮かせて落とす薬用成分が配合されているので、ステインを取り除いてくれます

市販の歯磨き粉は研磨剤を配合しているので、歯垢や茶渋、タバコによるヤニ汚れもキレイに落としてくれます。

研磨剤不使用を選ぶ

注意点としては、酸性食品を摂取したあとは、歯の表面のエナメル質が剥がれやすいので、食後すぐに研磨剤入りの歯磨き粉を使うのはNG

歯磨きは食後30分後位に始める

歯に刺激を与えないように、食後30分位に歯磨きを始めると良いでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉では、歯の黄ばみがなくならない場合は、ホームホワイトニングがオススメ。

歯医者で自分専用のマウスピースを作り、そこに薬剤を流し入れてから歯に装着すれば、キレイな白い歯になります。

一度すれば、約3ヶ月ほど白さが持続するので定期的なホワイトニングケアとして人気があります。

まとめ

歯の黄ばみの原因

今回は、白さ歯をキープするために避けたい食べ物や飲み物をご紹介しました。

基本的には、色が濃く色素がはっきりしているものは、歯が黄ばみやすいので注意しましょう。

コーヒーやワインをよく飲む方は、日頃のケアでホワイトニング歯磨き粉を使い入念なブラッシングを心がけましょう。

本格的なホワイトニングケアをしたい方は、ホームホワイトニングを取り入れてケアをすることをオススメします。