ホワイトニングは歯茎がしみる?歯の白さと歯茎の関係とは

ホワイトニングは歯と歯茎にダメージが?

歯の白さと歯茎の関係について紹介しています。

ホワイトニングで歯茎がしみるのか?という疑問に答えていきます。

一昔前までは、歯のホワイトニングというと、歯を溶かして痛めたり歯茎がしみるというイメージがありました。

しかし、最近は歯医者で歯を白くする施術を受けても歯茎へのダメージを軽減してホワイトニングできるのです。

そこで、今回は歯を白くしたいけど歯茎がしみたりダメージを受けるのが心配という方に、しみる原因や対処方法をご紹介しましょう。

ホワイトニングの歯と歯茎への影響

ホワイトニングによる歯茎への影響でよくある質問をみていきましょう。

歯のホワイトニングは歯茎が染みるのか

ホワイトニングはしみるのでしょうか。

歯のホワイトニングは歯茎がしみますか?

歯茎が炎症していると染みることがあります。ホワイトニングする前に歯医者でチェックしましょう

歯のホワイトニングを受けると、知覚過敏が起きて歯茎がズキンと痛んだり染みたりすることがあります。

歯の内側には敏感な神経を持つ象牙質があり、ホワイトニングの施術によって象牙質が表面に出てしまうと、歯茎が痛く感じたり染みたりするのです。

通常はエナメル層が象牙質をしっかり守っているのですが、ホワイトニングをやり過ぎたり歯周病などが原因でエナメル層が剥がれると、象牙質を刺激して歯にダメージを与えてしまいます。

そして、ホワイトニング薬剤は歯全体に塗布されるので、歯茎にも触れてしまうと痛みを感じやすくなります。

ホワイトニングする前に治療しましょう

特に歯茎が腫れている方や歯周病の方は歯茎がダメージを受けやすいので、歯を白くする前にしっかり治療することが大切です。

歯肉炎などで歯茎に炎症がある場合は、ホワイトニングの施術をすると歯茎が痛みや染みたりしやすいのでNG。

歯磨きをすると歯茎から血が出てしまう方や、歯肉炎がある場合は、歯を白くする前にしっかり治療するようにしましょう。

不安な方は無料カウンセリングで相談

オフィスホワイトニングでは無料でカウンセリングをしてくれるクリニックもあります。不安なことがある場合は事前に相談しましょう。親身に相談にのってもらうことができます。

歯を白くすると歯茎が変色することがある?

歯茎が変色したりしますか。

しっかりとした歯医者で行えば心配ありません。

海外製の商品に注意

海外製のホワイトニング商品の中には、過酸化水素などしみる原因となる成分が入っていることがあります。

薬剤の濃度が高いホワイトニング剤が歯茎に付いてしまったときは、歯茎が白く変色したり赤くなって炎症することがあります。

歯茎だけでなく、唇に付着しても痛みを感じることがあるのです。

オススメの海外製ホワイトニンググッズと注意点

アメリカや韓国のホワイトニングのおすすめはオススメの海外製ホワイトニンググッズと危険性や注意点

信頼できる医療機関で施術を受けましょう

真っ白な歯にしたい方は歯医者の施術では歯茎や唇に薬剤が付着しないようにカバーを付けてくれます。

自宅でできるホームホワイトニングを利用するときは、薬剤が流れて歯茎や唇に付かないようにマウスピースを使ったり工夫するようにしてください。

濃い濃度の液剤が緩くなって、口内や喉に入ると危険なので注意しましょう。

ホームホワイトニングをするときは薬剤が歯茎や唇に付かないように注意

歯が溶けることはありますか

歯が溶けることはありますか。

溶けることはありません。

歯医者でのホワイトニングというと歯を漂白するため、歯が溶けたり脆くなってしまうイメージがあるかと思います。

しかし、最近のホワイトニング治療は、患者さんに合った治療法を見極めた上で施術が行われるため、歯や歯茎にダメージを与える心配はありません。

ホワイトニングの施術は、まず歯の表面に過酸化水素や過酸化尿素といった薬剤を塗布します。

そのときに酸素が発生して歯の表面に付いた色素と結合して透明化していくのです。

つまり、歯の表面の有機物成分にしかアプローチしないため、歯そのものを溶かしたりダメージを与えてしまうリスクはありません。

ホワイトニング施術で歯は弱くなる?

歯医者のホワイトニングの治療は、高濃度の薬剤を使った場合、一時的に歯のミネラル成分が溶出するので、歯の表面が弱い状態となり知覚過敏のようになります。

一時的に弱まり、元に戻ります

薬剤が歯の表面にある保護膜を溶かしてしまうため、一時的に歯が弱まります。

そのため、ホワイトニング施術をした当日は、医師から2〜3日は酸性の食品は控えるように指示されます。

ただし、ホワイトニングにより歯が弱くなるのは一時的なものですから、唾液が分泌されて再石灰化すると元の強い歯に戻るので大丈夫です。

一時的に痛くなりますが元に戻ります。

施術中は痛いですか

施術中は痛いですか。

痛くなることもあります。

ホワイトニング施術中は、葉や歯茎が痛くなったり染みたりするとよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

歯科医院でのホワイトニングは、高濃度の薬剤を使った場合、薬剤が歯茎に触れてピリピリ痛みを感じることがあります。

冷たいものを食べたときにしみる方などはしみやすい

ホワイトニングをする前から冷たいものを食べると歯茎が染みるような知覚過敏の症状がある方は、歯茎が染みやすいと言えます。

もちろん歯茎に薬剤が触れないように歯茎にカバーをつけてくれる歯医者もあるので、不安な方は事前に相談しましょう。

歯科医で行うホワイトニングは濃度の高い薬剤を使うので、染みるのが心配な方は、歯茎のマッサージをして歯茎を強くしてから施術を受けると良いでしょう。

歯茎のダメージを抑えるには

歯茎へのダメージを抑えるには

最近の歯医者のホワイトニングの施術は、歯茎が痛くなったり染みたりしないように工夫しています。

しかし、人によっては歯を白くすると歯茎が痛くて仕方ないという方もいます。

歯を白くしたいけど、痛いのと染みるのは避けたいという方にダメージを抑える方法をご紹介しましょう。

ダメージを抑える方法

  • 虫歯や歯周病の治療
  • エナメル質の強化
  • 薬剤の濃度調整

ホワイトニング前に虫歯や歯周病を治療しておく

虫歯や歯周病がある場合は、過酸化水素成分のホワイトニング剤を使うと歯茎が痛くなったり染みたりします。

そのため歯を白くする前に、虫歯や歯周病を先に治療するようにしてください。

エナメル質を強くする

健康な歯をホワイトニングしても、過酸化水素成分のホワイトニング剤を塗布するとエナメル質が剥がれて染みる原因となります。

そのため、少しでも痛みを和らげるためには、再石灰化を促す歯磨き粉などを使ってエナメル質を健全な状態に整えておくことが大切です。

ホワイトニング剤の濃度を下げてもらう

歯をとにかく白くしたいからといって過酸化水素成分のホワイトニング剤の濃度を高くすると、歯茎が染みるリスクが高くなります。

なるべく歯を白くしたい気持ちはわかりますが、あまり歯茎に刺激を与えるとダメージになり知覚過敏を促進させてしまうのでNG。

どれだけ歯を白くしたいかは歯科医に相談して、低刺激の成分にしてもらったり薬剤の濃度を下げてもらうと安心です。

白い歯に合う健康的な歯茎を

白い歯にあう歯茎

  • 薄いピンク色
  • 引き締まっている
  • 歯と歯の間が三角形

歯を白くした方に多いのが、歯の白さのコントラストによって歯茎の色が目立ってしまうことです。

笑った時に歯茎が黒ずんでいたり赤く腫れた歯茎が見えてしてしまうと、せっかく歯をホワイトニングしたのに残念ですよね。

では、白い歯に似合う健康的な歯茎の色はどんな色なのでしょうか?

薄いピンク色で綺麗な三角形をした歯茎が理想

健康的な歯茎の色とは、薄いピンク色で引き締まって固い状態です。

歯磨きをしても歯茎から出血することはなく、歯と歯の間がしっかり三角形をしています。

歯周病や歯周炎になると歯茎が赤く腫れますが、悪化すると歯茎はだんだんと黒く変色していきます。

歯周病は歯茎が弱くなり、歯を支えられなくなるので最終的に抜けてしまう病気です。

歯を白くすることよりも、早めに歯周病を治療するようにしてください。

歯を磨くときはいつも歯茎の色をチェックして、出血はないか赤く腫れていないかをチェックしましょう。

自分でできる白い歯とピンクの歯茎のケア方法

白い歯と健康的な歯茎を保つには

  • 丁寧なブラッシング
  • 歯茎のマッサージ

白い歯と健康的な歯茎を保つために自分でできることは、丁寧なブラッシングと歯茎のマッサージです。

食事の後の歯磨きは基本ですが特に寝る前は念入りに歯磨きをして、その後に清潔な指で歯茎のマッサージをしましょう。

歯と歯茎の境目あたりを人差し指の腹を使って優しくマッサージすると、血行が良くなるので健康的な歯茎になります。

歯と歯の間の汚れはブラッシングでは落ちないので、フロスと歯間ブラシで落とします。

毎日の丁寧なブラッシングにより、白い歯と健康的な歯茎を保つことができますので実践していきましょう。

健康志向な人がなりやすい酸蝕歯(さんしょくし)とは?

少し話がそれますが、

歯が溶けてしまうのは、ホワイトニング治療だけではありません。

健康志向な方は、酸性の食品や飲み物を良く摂取する方が多いでしょう。

しかし、健康のために摂取している酸性の食品こそが、歯を溶かす原因にもなるので注意が必要です。

食べ物や飲み物に含まれる酸により、歯のエナメル質を溶かしてしまう「酸蝕歯(さんしょくし)」になることがあるのです。

最近の健康ブームと比例して、酸蝕歯になる患者数が増えているのです。

通常、歯の表面にはエナメル質があり虫歯や菌から守っています。

エナメル質は酸に弱い特性があるため、食事や飲み物によって酸に触れる時間が長くなると、歯のミネラル成分が溶け出して脱灰が起こり、歯が弱くなるのです。

酸性の飲食物の摂りすぎに注意

酵素ドリンクやお酢やクエン酸、栄養ドリンクを飲んでいる方は、歯が一時的に柔らかくなってしまうので注意が必要です。

エナメル質の多くが失われて酸蝕歯になってしまうと、虫歯のように治療が必要になります。

歯が黄ばむ原因を紹介歯が黄ばんでいたら避けたい食べ物と飲み物まとめ

食後すぐの歯磨きは避けましょう

酸蝕歯を予防するためには、酸性に触れた柔らかい歯が崩れるのを防ぐために飲食後30分は歯磨きを控えるようにしてください。

また、歯の再石灰化を促進するフッ素やリカルデント配合の歯磨き剤などを使うのもオススメです。

食後すぐの歯磨きは出来るだけ避けよう

そもそもホワイトニングはどんな治療?

歯のホワイトニング治療とは、歯の表面を漂白することにより歯を白くしていく治療法です。

歯の表面に薬剤を付けて、歯の表面に付いた有機物を分解して漂白することにより、透明感を出していきます。

医療機関では歯を漂白しています

歯医者で歯科医が過酸化水素を使用して施術する「オフィスホワイトニング」が一般的です。

しかし最近は、自宅で過酸化尿素を使って行う「ホームホワイトニング」も人気です。

どちらも歯医者の許可が必要なものなので基本的には、歯医者以外で処方してもらうことはできません。

例外としては海外のホワイトニングテープがあります。

海外の輸入品の中には「過酸化水素」が配合されている商品もあるようです。

日本では認めれていないため、海外製ホワイトニングテープを使うことはオススメできません。

万が一使用する場合は自己責任で行いましょう。

それ以外にも、ホワイトニング歯磨き粉やLEDホワイトニング、ホワイトニングシートなどホワイトニング効果を謳っている商品は数多くありますが、正確な「漂白」という意味でのホワイトニングは医療機関の歯科医院やクリニックで提供されるオフィスホワイトニングとホームホワイトニングだけになります。

まとめ

今回は、白い歯と歯茎の関係について、そしてホワイトニング施術による歯が溶けるリスクがあるのか、そして酸により歯が溶けてしまう酸蝕歯についてご紹介しました。

白い歯には、やはりピンク色の引き締まった歯茎が美しく見えます。

毎日のブラッシングにより白い歯と健康的な歯茎をキープすることができるので、毎日の習慣にしていきましょう。

安心できるオフィスホワイトニングを選ぼう

オフィスホワイトニング

歯科医でのホワイトニングを受けたいと思っている方は、歯が歯茎を健康な状態にしてから施術を受けると痛みのリスクも減るので安心ですね。

オフィスホワイトニングの特徴はクリニックや歯科医院ごとに変わってきます。

事前によく調べずに行ってしまうと、怖くて不安になったり、あとあと後悔することにもなりかねません。

無料でカウンセリングをしてくれるところや、しっかりと話を聞いてもらえるなど、安心できる歯医者を選ぶようにしましょう。

Your compare list

Compare
REMOVE ALL
COMPARE
0