歯ブラシの硬さはどれがいいの?選び方

歯ブラシの硬さと選び方

突然ですが、今どんな歯ブラシを使っていますか。

目的や年代によっておすすめの歯ブラシは変わってきます。

歯ブラシには硬さだけでなく、毛先の幅や柄の形などにも違いがあります。

ではどの歯ブラシを使うのが一番良いのでしょうか。

まずは特徴別にみていきましょう。

歯ブラシの硬さと特徴

歯ブラシの硬さ

歯ブラシの毛の硬さは主にやわらかい、ふつう、かたいの3種類あることは知っていると思います。

「やわらかい」は歯茎が弱っているならオススメ

歯茎が弱っている方や小さい子にオススメの歯ブラシが「やわらかい」歯ブラシです。

特に歯磨きしていて血が出る場合は歯磨きをやわらかいものに変えて、歯磨き粉も変えてみましょう。

悪化する前に歯科を受診することをおすすめします。

「ふつう」は一番使いやすい

一番買いやすいのは「ふつう」です。コンビニやドラッグストアで取り扱っていない店はないくらいにどこでも販売されているその名の通り標準タイプの歯ブラシです。

「かたい」は長期間使える

「かたい」歯ブラシは歯の汚れを落とすことに優れています。また硬い分、寿命も長く、やわらかい歯ブラシに比べて長い期間使えます。

しかし、力を入れすぎると歯や歯茎を傷つけてしまう可能性もあるので、歯周病の方は使用を控えましょう。

毛先の違い

歯ブラシには毛の硬さだけでなく、毛先にも違いがあります。

先細毛・超先細毛

歯周病や虫歯を予防したい方

先端3本毛

重度の歯周病である場合

四角断面毛

歯の黄ばみが気になる方

ヘッドの理想の大きさ

ヘッドの目安は前歯2本分が理想的です。

柄の形

歯ブラシはどうしても毛先の硬さや形ばかりに目がいきがちですが、実は柄の部分にも特徴があります。

そして柄の形がどれがいいかも人それぞれ変わってきます。

太め

力が入らない方(高齢者や子どもなど)

細めでまっすぐ

強く磨いてしまう方

その他の歯ブラシ

電動歯ブラシ

デンタルフロス

タフトブラシ

歯間ブラシ

目的別にみた歯ブラシ

歯周病予防ならやわらかい

歯磨きすると血が出るという方は、すでに歯周病かもしれません。

やわらかい歯ブラシに変えることをおすすめします。

毛は細めのものを選ぶようにしましょう。

虫歯予防は「かたい」

歯が痛い、「虫歯かも」と思う、または歯科で治療中の方は「かため」の歯ブラシを使いましょう。

ヘッドは小さめ、毛先と柄はまっすぐなものを選びましょう。

口臭予防は舌クリーナーなど

口臭を予防したい方は、ふつうの歯ブラシと合わせて舌用のクリーナーも使用してみましょう。

口臭の原因はさまざま(舌の汚れや歯周病など)です。

原因がわからず困っている場合は、口臭外来などを受診してみましょう。

年代別にみる歯ブラシ

おおよその年代によっても歯ブラシは変わってきます。

赤ちゃん用

やわらかい、ヘッドは小さめ

子ども用

毛はやわらかめ・短め

高齢者用

電動歯ブラシ

柄は太めのハンドル

歯ブラシにこだわった方がいい理由

それは口内環境が健康を維持する上で重要であることが分かっているからです。

歯周病ケア

正しいブラッシング

歯ブラシの寿命は1ヶ月!?

歯ブラシは最低でも1ヶ月に1回変えたいところです。

歯ブラシの硬さと選び方まとめ

ここまでで歯ブラシのかたさから様々な特徴までをみてきました。

次の歯ブラシは決まりましたか。

一番合った歯ブラシを使うようにしましょう。