コラム

ホワイトニングは妊娠中や授乳中でもできる?

妊娠中のホワイトニング

印象を良くし、笑顔も素敵に輝かせる白い歯。ホワイトニングで素敵な白い歯になれたらとてもうれしいですよね。

でも何かと制限の多い妊娠中・授乳中にホワイトニングはできるのでしょうか。

結論から言うと、歯科医でおこなう薬剤を使用したホワイトニングは控えたほうが良いでしょう。だからと言って歯を白くする方法がないわけではありません。

ここでは妊娠中・授乳中のホワイトニングについて、その影響や方法、注意点をご紹介していきます。

妊娠中、授乳中のホワイトニングはあきらめましょう

授乳中のホワイトニング1
オフィスホワイトニングなど薬剤を使ったものはあきらめましょう

ホワイトニングとは、歯科医によってホワイトニング剤を使って歯を白くする方法です。ホワイトニング剤とは薬剤、クスリなのです。妊娠中は母体から胎児への与える影響が大きいため、母体への制限が多くなります。授乳中も母親が摂取したものが母乳を通して赤ちゃんに影響があると言われているため、引き続き注意が必要です。

ポイントはホワイトニング剤が胎児・乳児へ影響があるかどうかです。ホワイトニング剤そのものは人体への影響はないと言われていますが、妊娠中・授乳中の胎児・乳児への影響を研究したものはなく、100%安心だと言い切ることはできないのが現状です。

そもそも歯科医でもお断りされるのでホワイトニングを受けることが不可能ですが、胎児・乳児のためにも妊娠中・授乳中はホワイトニングを避けるのが賢明でしょう。

歯を綺麗にしたいときは歯磨き粉が○

妊娠中・授乳中であるならば、授乳が終わったタイミングでホワイトニングをはじめるのが良いでしょう。しかし、どうにかして歯を白くしたいのであれば、歯科医でのホワイトニング以外の方法があります。

歯を白くしたいときは
  1. ホワイトニング歯磨き粉
  2. 歯科医でクリーニング
  3. ホワイトニングペン

1つ目の方法は「ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する」ことです。日本で購入できるものには、強いホワイトニング剤が入っておらず、即効性はありませんが、妊娠中・授乳中でも安心して使用できます。

オススメのホワイトニング歯磨き粉
【保存版】おすすめのホワイトニング歯磨き粉20選:市販もまとめて紹介本当におすすめできるホワイトニング歯磨き粉を20個紹介しています。あなたにあった商品を見つけましょう。...

2つ目の方法は「歯科医で歯のクリーニングを受ける」こと。クリーニングはホワイトニングとは違い、歯そのものを白くすることはできませんが、薬剤を使わずに専用の機械を使って歯の着色や歯石をしっかり落としてくれます。コーヒーや茶渋などの軽い着色はクリーニングでキレイにすることができます。

3つ目の方法は「歯のマニュキアを使用する」ことです。これは爪に塗るマニュキアのように、歯に専用のマニュキアを塗りコーティングをすることで歯を白くみせます。ブラシで擦れば落ちるので、あくまで一時的なものです。

これらの方法は歯科医でのホワイトニングほどの劇的な効果は期待できませんが、妊娠中・授乳中でも安心して行うことができるので、ぜひ試してみてください。

そして大前提に、着色のする可能性の高い食べ物や飲み物を控えることも白い歯を維持するポイントです。意識して色の濃いものなどは食べない、食べたらすぐ歯磨きをする、という習慣を身につけてはいかがでしょうか。

妊娠中のホワイトニングの注意点

妊娠中のホワイトニング
海外製の商品は使わないようにしましょう

妊娠中のホワイトニングが推奨されないのは、ホワイトニング剤に過酸化水素や過酸化尿素が使用され、これらが胎児に影響がないとは実証されていないからです。

日本国内で市販されているホワイトニングの歯磨き粉にこれらの成分が入っていることはありません。しかし海外製のものには入っている可能性もあります。歯のマニュキアを使用する場合ももちろん、まずは胎児に影響のある薬剤を使用していないか、しっかり確認してから使用するようにしましょう。

授乳中のホワイトニングの注意点

ホワイトニングを授乳中に

基本的には授乳中も妊娠中と注意することは同じです。授乳中は妊娠中と比べて多少融通がきくようになり、一日だけミルクをあげてホワイトニングできるのではないか、と考えてしまいがちですが、繰り返しにはなりますが、ホワイトニング剤が乳児に影響がないとは言えないので、1日空けたから大丈夫だと言い切ることはできません。

まずは今できるホワイトニングを行い、完全に授乳が終わってから歯科医でご相談されても遅くはないでしょう。

妊娠中はホルモンバランスが乱れ口内環境も悪くなりがちです。悪阻がひどいと歯を磨くのも大変ですが、日々の歯磨きを徹底することで、歯の着色を抑えるだけでなく、虫歯や歯周病にかかるリスクも減らすことにもつながります。

胎児・乳児への影響が少しでも考えられるホワイトニングを行う前に、妊娠中・授乳中は出来る範囲のケアと日々の歯磨きをしっかりと行い、授乳が終わったタイミングでホワイトニングを行うのが良いでしょう。

まとめ

ホワイトニングをしてみましょう

今回は妊娠中や授乳中のホワイトニングについて紹介しました。

結婚式を控えている方などどうしても歯を白くしたい場合は、ホワイトニング歯磨き粉を試してみましょう。

ホワイトニング歯磨き粉については『オススメのホワイトニング歯磨き粉20選』で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

成分が気になる方は研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉もこちらで紹介しています。

研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉
【安全性重視】研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉10研磨剤を使っていないホワイトニング歯磨き粉を10個紹介しています。研磨剤は歯の表面を傷つけやすいので不使用の歯磨き粉を使うのが理想的です。...